« 津々巳あや先生7 | トップページ | 涙そうそう »

イルマーレ

10月になりました。今日は1日です。映画1000円の日です

で、事で例の如く行ってきました♪映画館へ

(キツキツでも映画見るくらいのお金はありますから!)

本日は阪神中止だったので豪華2本立てです(≧∇≦)ノ

Photo_3 『イルマーレ』

監督:アレハンドロ・アグレスティ

出演:キアヌ・リーブス  サンドラ・ブロック

06’米/ワーナー  98分

実は知らなかったんですが、この映画同名韓国映画のリメイクだったんですね(驚)01年に韓国版が日本で公開されてたそうです。後日レンタルしてみますw

キアヌ・リーブス演じるアレックスとサンドラ・ブロック演じるケイト 落ち着いた大人の恋愛が良かったです。また、その2人の関係が段々親密になる手段が『手紙』というのがこの話の良い所なのではと思います。

2006年湖上の家から引っ越すときポストに残した手紙。それが何故かポストを通じて2004年のアレックスが読める。ちょっと常識では考えられない展開もロマンチックに思えます。

最初の方でケイトが母と話をしている時、目の前で男性が事故に会います。医者であるケイトはその男性を救う事が出来ずに、気持ちを落ち着ける為に湖上の家に再び行くのがきっかけでアレックスからの返事を発見。

最初は馬鹿げたゲームかと思っての始めた文通が次第に、相手の人柄に触れ親密になり、日にちを決めて会うことになります『明日(アレックスから見たら2年後)どこで会いたい?』と聞くと…ケイトは一言

             〝イルマーレ〝

時を越えて、手紙だけで繋がる愛に思わず切なくなりました(涙)

※ここからはちょっとネタバレありです↓↓

                   (それでもOKな方はマウスでドラッグ)

しかし、アレックスはイルマーレに現れないんです!!(涙

      何故!?(>ω<、) 

そう思った時頭に過ぎったもの。最初の事故の場面・・・・カンの良い人は多分映画観てても気づくはずです。その事実をケイトより早く気づいた時はもう胸が痛かったです。

ケイトも2008年にアレックスの弟から聞き事実を知ります。そして三度ポストのある湖上の家のポストへ。『私を見つけても行かないで!』その時ケイトと同じ気持ちでアレックスへ心の中で精一杯叫びました(号泣

           〝待ってて〝

その後どうなるかは映画館で是非みて頂きたいを思います(・∀・)ノ ささこはDVDが出たら買う事決定ですw

映画の一つのテーマは『待つ事』です。待つ事が嫌ではなく、それも楽しめるよう過ごしていきたいですねw

2本目『涙そうそう』編へつづく…

|

« 津々巳あや先生7 | トップページ | 涙そうそう »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 津々巳あや先生7 | トップページ | 涙そうそう »