« アジアシリーズ2日目 | トップページ | アジアシリーズも終了して。 »

手紙

      ♪ショー ショー ショータイム

          ショ ショ ショ ショ ショータイム♪

と今仲間内でこのキシリッシュのCMが流行ってますwお陰で一日中沢尻エリカが頭の中で踊りまくってます(困)

そんな沢尻エリカも関西弁で出演しています

Tegemi    「手紙」

原作: 東野圭吾  監督: 生野慈朗

出演: 山田孝之 玉山鉄二 沢尻エリカ

  ’06ギャガ/121分

正直この映画はノーマークでした。玉山鉄二もそんなに良い役者とも思ってなかったので(どっちかって言うとヒーローアイドルのイメージが強かった!)どうかな?と思ったんですが、見事裏切られました!!

兄と弟、たった2人の家族。兄 武島剛志(玉山鉄二)弟 直貴(山田孝之)の大学へ行かせる学費欲しさに盗みに入った邸宅で誤って人を殺めてしまう。刑務所に服役中の兄を持つことで転職と引越しを余儀されなくされてきた直貴。そんな兄と弟がやり取りする手紙が随所にポイントとなって話は進んで行きます。そこに直貴に好意を持つ白石由美子(沢尻エリカ)も絡んできて、何とも深い人間ドラマが展開され考えさせられました。

ちょっと真面目な話。

この物語は被害者側ではなく加害者側にスポットを当ててます。普通こういうドラマは被害者側が尊重されます。しかしこの映画で知る事は加害者側も人間であり生きていると云う事です。だからと言って『誤っての殺人』は許していいと事ではありませんよ。だって人は人の命を奪う権利はないんですからね。でも関係ない人が加害者を批判し、報道、中には中傷する。これも許せる事とは思えません。

こういうことはホント難しいですね。

劇中で直貴が由美子に「何処へ行きたい?」と質問された時

          『差別のない場所』

と答えます。しかし別の場面でその答えに対して

「差別のない場所を探すんじゃない。

           君はここで生きていくんだ―――」

胸に響く言葉でした

今生きてる世界はここなんです。ここには絶望もありますが大小様々ですが希望も沢山あります。この言葉はこの映画だけでなく、色々な問題に対しての答えだと思います。今話題になってるいじめ問題にも。実際経験をしてきた自分も同じ答えを出して今を生きてます。

生きていればきっといいことあるよwこれホント(・∀・)b

「手紙」沢山の人に見てもらいたいおススメ映画です。

( ・▽・)ノ ここからはいつものテンション↑↑モードです

玉山鉄二。か・な・り!かっこよかったvV

完璧惚れました(`・ω´・* )ノ

いや、あんなにかっこよくて演技上手な人だなんて思いませんでしたわ(意外)最後の表情なんて涙もでましたが、思わず『ぷぷっwかわいい♪』って思いましたし。弟からの手紙に見せる表情や仕草も凄く∑d(゚∀゚d)イカス!

またその時流れる小田和正はイイね(号泣)こりゃ反則技だと思うくらいいい場面で流れますよ♪

今回はネタバレも無し!!理由は映画見てもらいたいから

気になる方は是非映画館でご確認を~((((((( 」´0`)」

|

« アジアシリーズ2日目 | トップページ | アジアシリーズも終了して。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

そういえば山田孝之と江草君感じ似てますね!
どうりで映画見てたら
「どっかで見た気がする・・・」
て思った訳です(納得)
でも玉山鉄二に転びました(o_△_)oゴロン

『手紙』いい映画ですよw
デートで見るにはチトテーマ重いかもしれませんけどね(苦笑)おススメです!

投稿: ささこ⇒Reeさん | 2006年11月13日 (月) 23時04分

こんばんわ、ささこさん(^O^)ノ
え~ささこさんは玉山鉄二に行っちゃいましたか!?
私はこの山田孝之は江草君と被る感じがして(顔ね)
気になるところです。
この原作本は大阪の某本屋さんで人気1位になってました。
なんでかなり気にしてます。
ささこさんがよいと言うならきっといいのでしょう。
見ようかな♪

投稿: Ree | 2006年11月12日 (日) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105812/4153625

この記事へのトラックバック一覧です: 手紙:

» 手紙は観終わった後もぐったりきます [旧作DVD(ビデオ)から新作予告編まで超個人的映画情報]
いい映画だし感動もしますけど、観終わった後に「観てよかった」と心が晴れる映画ではありません。ずっしり重さが残る映画です。なので誰にでもお勧めする、という映画ではありません。映画は一見、ハッピーエンド風です。でも本当にそうなのかな?娘がこれから成長していく中で、また色々な思いをすることになる。その時に、果たして主人公やその妻のように立ち向かっていけるのか。。私にはこの映画がどこまで真実を映し出しているのか分からないけれど犯罪者を家族に持つことの辛さを本当によく描いているように思... [続きを読む]

受信: 2006年11月17日 (金) 20時30分

« アジアシリーズ2日目 | トップページ | アジアシリーズも終了して。 »