« 夢日記6 | トップページ | 井川くん交渉権獲得はヤンキース »

氷点―後編―

飯島直子がいい!∑d(゚∀゚d)

前編に引き続きいい演技してますw

前編は“復讐・憎しみ”がメインでしたが、後編は一変。

“許し・絆・愛”と前編とは真逆なテーマでの話でした。陽子が殺人犯の娘と思いきや……。

陣内孝則演じる高木さん!全てはあんたがちゃんと話してればこんなにややこしくならんかったんや!!ヽ(>x < )

とTV前でツッコミ入れましたよ。前編でこんなにあっさりした役で終わる訳ないと思ってたんですが(陣内さんだけに)期待以上の事をしてくれました。この展開には驚きましたわ。

もう一つ驚いたのが、陽子が最後誰を選んだか!!

小説『氷点』は陽子が自殺を図った処で終わったんですよ。今回で云うとちょうど前編ですね。『続・氷点』があること知らなかったもので陽子さんの突然の心変わりにビックリでした。小説もそんな展開なんですね?きっと。

え?ガッカリしたわけじゃないんですよ。えぇ、ガッカリしてませんとも!ただ、陽子の相手役だった

Photo_49



←窪塚俊介が時折







17 高橋尚成(巨人)に見えて

仕方なかったんですよ!

だからちょこっと嫌悪(苦笑)<阪神ファンなもので



何か最後終わってみて徹(陽子の兄)が一番可哀想だったかもしれないと思いました。

|

« 夢日記6 | トップページ | 井川くん交渉権獲得はヤンキース »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105812/4325522

この記事へのトラックバック一覧です: 氷点―後編―:

« 夢日記6 | トップページ | 井川くん交渉権獲得はヤンキース »