« Webラジオ ラブルートゼロ第8ラブ
〜加藤先生&津々巳先生編〜
| トップページ | のんびりしすぎた! »

夢日記16

いつも身守りの意味を込めて“ぬいぐるみ”を置いて寝るのですが、昨日はソレを忘れてました。

           ((((((((((・∀・)/そしてユメ~

場所は旅館。
どうやら旅行に来てるみたいで座敷でご飯を食べいると、本館から離れている場所にも座敷があり気になってご飯前にと覗きに行ってみる。
座敷中を覗くと中は薄暗く、何か嫌な空気を感じましたが、窓から石を墓石に見立てたお墓が3つ並んでたのが見えたので思わず中へ…。
こういうお墓とか地蔵があると拝むクセがあるので(夢の中ではありますが)墓石に向かってしばらく拝む。

拝んだ後…
食事に戻ると視線先に「1円玉」が3つ無造作に並んでいました。
「???」
周りを見ると誰かが来た形跡もなく、「1円玉」があるのは自分の所だけ。不思議に思いながらも「1円玉」を端に避けご飯を食べる。
ふと、ご飯から目線を外し、また目線を戻すとまた視線先に「1円玉」が3つ…。先ほどと同じ様に端に退け、まさ目線を戻すと「1円玉」が3つ。

何回かこの作業が続き、いい加減『おかしいな…』と思いだしてくると目の前に並んでいた「1円玉」が「5円玉」に変化。
「5円玉」を同じ様に何回か退けると、次は「10円玉」…次は「50円玉」と段々金額が大きくなって来る。

ご飯を食べ終わって部屋に帰ってもこの現象は続き、玄関でも、靴の中でも、気づくと視線先にはいつもお金が「3つ」並び、その内視界に入ってくるのが「お金」だけでなく床に影の様に映る3人の影も…
さすがに気味が悪くなり、旅館の人に「こういう現象が起こってるのですが聞いた事とかありますか?」と尋ねてみました。すると旅館の人は「実は…」と話始めました。

現在は使われてない離れの座敷。昔、その離れに泊まっていた3人が集団心中した様である。何らかしらのきっかけで離れに行った時彼らの存在に気づいたり感じた人が居たら自分達の世界へ連れて行こうとするのだと。
どうやって連れて行くかは方法は分らないが、少しでも気持ちが歩みよるとたちまち消えるという。

ちょ…そういう事は最初に言って!!
ウチその離れにいったんやけど!!(゚Д゚≡゚д゚)
と云う事はこの「お金」はそいつらがウチを引き込もうとして仕掛けてる訳だな…お金を自分のモノにした途端OUTっちゅー訳だと理解。

Yume 「お金」も金額が上がり遂に「札束」まで成長しましたが、幽霊達の人間の欲望を利用した姑息な手に腹を立て、出てくる「お金」を掴んでは玄関から投げ捨て「誰がお前らの方に行くか!!ウチはどんな辛い事があってもお前らみたいに逃げんわ!一緒にすんな、ナメンナ!勝手に人巻き込むなーーーー!!!」と、ものっすごい見えない相手に激怒してました。

それ以来「お金」は現れなかったので、どうやらその幽霊に勝利したようです。そんなところで目が覚めました。
身守り忘れた途端こういう連れてかれる夢を見るなんて…ったく迷惑な話です。あーイヤイヤ(。-`ω´-)ぅぃ

幽霊何かハッキリしないことがあって、事実を知りたいと思っているようです。しかし、恐がらなかったり追い払う夢なら、辛いことがあっても負けないパワーがあるしるしです。

まだまだ踏ん張れる、頑張ろう!

|

« Webラジオ ラブルートゼロ第8ラブ
〜加藤先生&津々巳先生編〜
| トップページ | のんびりしすぎた! »

夢日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105812/9846436

この記事へのトラックバック一覧です: 夢日記16:

« Webラジオ ラブルートゼロ第8ラブ
〜加藤先生&津々巳先生編〜
| トップページ | のんびりしすぎた! »